ごあいさつ

九里学園学校長

We are familyの精神

創立者である九里とみ(1872~1957)の教育の理想は「深く豊かな教養、美しい心、そして本当に役に立つ生活の技(わざ)をしっかりと身につけた、自立した人間を目指す教育」として、今日まで受け継がれてきました。この教育の理想は普遍的で不易なものであるとの認識で、本校の教育は行われています。
現在の男女共同参画社会をめざす家庭及び社会での男女各々の使命を考えると、まさに、男女それぞれが「家庭の中心的役割を担う」存在でなければなりません。そのような意味でも、彼女がめざしたものは、私たちがいつまでも追求すべき理想であると思っています。特にお互いの特質を大切に伸ばし、尊重しあいながら、協力して事にあたるための知識や能力を身につけてゆくということは、青年期の大切な課題です。
「We are family」の合い言葉で厳しく、そして温かい、一人ひとりを大切にする教育を九里学園高等学校は目指しています。

理事長/学園長 九里廣志

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL

NEWS & TOPICS

  1. 2018.09.04

    災害訓練

アーカイブ

PAGE TOP