「上杉鷹山の訓え」遠藤英先生が出版しました。

「上杉鷹山の訓え」遠藤英先生が本を出版されました。

≪山形新聞より≫

九里学園高教諭遠藤英さんが「上杉鷹山の訓え」を自費出版した。歴史を軸に、産業政策や社会保障、教育など広範に論を展開しており、難局に直面する現代日本の国民や地域が進むべき道を鷹山の治世から学ぶ内容となっている。

著者の中で遠藤さんは、財政的にも政治的にも行き詰った現代日本が、江戸後期の米沢藩の状況と酷似していることを史実に基づき解説。鷹山が改革によって目指したのは「今日の繁栄」ではなく「未来の存続」であったと説き、少子高齢化による人口減少社会を迎える日本が進むべき道は当時の米沢藩同様「存続」であると指摘している。
また、積み上げられた経験と知識に基づき発信される情報が重要性を持つ「情報化時代」を人間性が完成するまでの成長段階になぞられて「社会の老年期」と定義。鷹山が、師である細井平洲の教えに基づいて実践した「譲」や「礼」を重視する教育が、情報化時代の現代においても求められていると説いている。
遠藤さんは「当時、改革で赤字を解決した人は他にもいたが、新たな社会を作り上げたのは鷹山だけ。産業の大転換期にある現代は世界中が鷹山のアドバイスを待っていると言える。
「存続」のモデルを米沢の人間が示していくべきだ」と著書に込めた思いを語った。

A5判281ページ 1部1200円
JR米沢駅内観光案内センター「ASK(アスク)」と九里学園高事務室で販売しています。

 

九里学園遠藤英先生出版

  1. 九里学園江口悠貴日本一
  2. 九里学園平成24年度入学式
  3. 九里学園PTA後援会
  4. 九里学園生徒昇降口
  5. 九里学園国際ソロプチミスト日本北リジョン受賞
  6. 九里学園生徒昇降口

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL

NEWS & TOPICS

アーカイブ

PAGE TOP