吉田菜穂選手 大会新で優勝!【国体県予選(陸上)】結果

第67回国民体育大会兼第39回東北総合体育大会県予選
天童市NDソフトスタジアム山形

(7月6日の主な結果)

【男子】
少年B110mH
第3位 石垣一希 16秒07
第5位 佐藤雄大

同走り幅跳び
第1位 佐藤澄人 6m35
第5位 鈴木敦史

少年共通円盤投げ
第5位 田中昇吾
第6位 佐藤俊介

【女子】
少年B200m
第2位 石河遥香 24秒87 大会新記録

同1500m
第3位 鈴木奈々 4分4秒39

同100mH
第1位 吉田菜穂 14秒28
※大会新記録(予選で14秒17の大会新)

同走り幅跳び
第5位 丸山真衣

《山形新聞より》

圧倒的 吉田(九里学園)V 陸上・少年女子B100mH
予選でいきなり大会新 決勝も大差!

圧倒的な走りだった。少年女子B100mHで吉田菜穂(九里学園)が予選でいきなり14秒17の大会新記録をたたき出すと、決勝も大差を付けフィニッシュ。「次につなげるいい走りができた」と充実の表情を見せた。既に出場を決めているインターハイに比べ、国体予選少年女子Bのハードルの設定は約8cm低い。このため高さの異なる二つのコースで調整してきた。低いハードルの公式戦は高校に入りこれが2戦目。「まだ慣れていない」と言うが、違和感を全く感じさせない。予選はスタート良く飛び出すと、前へ前へと攻めて軽快なリズムを刻み、大会新記録を0秒86短縮。決勝では中盤に振り上げ脚がハードルに掛かり体勢を崩しながらも、粘り強く持ちこたえ2位に1秒56もの差をつけた。「13秒台を狙っていたので残念だが、いい感触が残った」と吉田。収穫のあったレースを笑顔で振り返った。

  1. 国体予選バドミントン
  2. 九里学園高等学校 陸上部
  3. 九里学園生徒昇降口
  4. 九里学園陸上部
  5. 九里学園オーストラリア研修
  6. 九里学園テニス部

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL

NEWS & TOPICS

アーカイブ

PAGE TOP