多文化共生プロジェクト

ワークショップ:多文化共生について考える

 

 米沢市、置賜地域での多文化共生について考えるため、米沢市国際交流協会の国際交流員でアメリカ出身のタイラー・バートン氏をお招きして、米沢市における多文化共生の現状についてお話し頂いた。

まずは、外国人旅行客が駅に降り立ち、スキーを楽しむまでに直面する課題を考えるワークショップを行い、グループごとに発表した。その後、実際にバートン氏が日本で生活している中で感じた困りごとをお話ししていただいた。外国人にインタビューした困りごと、スキーモニターツアーでのアンケートで指摘された改善点については、横山昭子海外交流アドバイザーが発表した。

外国人の困りごとを聞いた後、課題を1つ選び、自分たちができる解決策をグループごとに考えるワークショップを行った。その後、次の日の座談会で在住外国人に聞きたい質問や確認したい課題などをまとめながら、座談会に備えた。 

[バートン氏から発表された困りごとや気付いた内容]

  1. 日本での生活

・東京では電車の種類やホームの数が多く、利用するのが難しい。・ゴミ分別が難しい。また粗大ゴミの処理方法は手間がかかる。・道路名が出てこないので、道を探すのが大変。・主に現金が使われているので、もし財布を落としたら困るのではないだろうか。・個別包装の菓子など、プラスチックの消費量が多い。

2.日本の職場

・いまだにFAXを使っている。操作方法が分からない。・クラウドサービスがあまり使われていないので、テレワークや在宅勤務がしにくい。・紙の消費が多い。・市役所でも、通路や階段が右側通行か左側通行か分からない。職員も分かっていない。

【外国人の困りごとリストとスキーモニターツアーアンケートで出た改善点】

・米沢市内の公共交通機関が不便なので、車を持っていない旅行客は観光地にアクセスしにくい。・ロープウェイやスキー場では、外国語の表示がほとんどない。多言語での案内を設置したほうがいい。・米沢市の観光客と在住外国人の一番多くは中国人、台湾人、韓国人、そしてフィリピンなどの東南アジアの人なのに、英語の看板しかなく、歓迎の気持ちがない。・外国語ができるスタッフや外国語対応のアクティビティーが少ない。・宗教・アレルギー・病気・生活スタイルによる食事制限がある人に対応できるレストランが少なくて困る。・ウェブサイトがない料理店が多く、外国人や観光客がお店を探しにくい。・多言語メニューが少ない。(写真もあるといい。)・電子マネーに対応できるお店が少ない。 ・無料Wi-Fiを利用できるところが少ない。

 [ワークショップ1:外国人スキー客の困りごとは何だろう?]

・スキー場は遠いので、そこまでの行き方や、交通手段が分からない。・バスでの支払い方法やリフト券などの購入の仕方、値段などが分からない。・日本語ができないと、スキーレンタルや装備の準備も難しい。・リフトの乗り方や、安全なコースなどが分からない。・どこで昼食を食べたらいいのか、どんなメニューがあるかが分からない。・買い物やトイレの場所が分からない。・道に迷ったときや、分からないことがあっても、日本語で聞くことができないし、外国語で対応してくれるかが不安。

[ワークショップ2:タイラーさんの体験談や、外国人の困りごとから課題を1つ選び、自分たちができる解決策を考えよう。]

【課題】

・多言語メニューがない。・メニューが分かりづらい。・ウェブサイトがないお店が多くて、外国人が分からない。

【解決策】

・英語だけでなく、中国語・韓国語などの多言語メニューを作る。・写真付きのメニューを作る。・宗教やアレルギーで食べられないものを外国版メニューに表示する。言葉が分からなくても、指さしをすれば伝わる。・店側に外国人の意見を知ってもらう。 ・「やさしい日本語」を使うようにする。

・世界では言語の違いだけでなく、宗教などの文化の違いあるので、様々な人達に対応する難しさが分かった。

・山形では、外国語の表記が少ないので、もっと増やしていくべきだと思った。

・日本に在住していて少し日本語が話せても、難しい漢字や言葉があると聞いて、日本語の説明も見直すべきだと思った。

・外国語=英語という偏見があったが、実際には様々な言語がある。日本に観光に来る人たちは必ずしも英語を使っているわけではないので、多言語に対応できるように活動してくべきだと思った。

・旅行客は困ることがあるだろうと思っていたが、日本での生活している人でも、ゴミ分別や公共料金の支払いなどで、困ることがあると知った。

・外国人旅行客が増えている中でも、目立った対応ができていない。外国人旅行客にも、在住外国人にも暮らしやすい社会にしなければならい。

生徒からの感想と振り返り

外国の方との座談会:多文化共生について考える

 

米沢市、置賜地域での多文化共生について考えるため、アメリカ出身の米沢市国際交流員2名、米沢栄養大学に通う留学生、そして九里学園高等学校に在学している外国出身の生徒3名を交えて、座談会を行った。各グループに外国人1名~2名が入り、前日のワークショップで考えた質問をしながら、在住外国人にインタビューを行った。外国人にローテーションをしてもらい、各グループは3組の外国人から聞き取りすることができた。後半では、インタビューの中で出てきた問題を付箋に書き、KJ法でまとめた。まとめた中から、一番解決しなければならない課題を選び、グループ内でどのように解決していくかを考えた。その後、模造紙にまとめた解決策をワールドカフェ形式で発表して、みんなで情報交換を行った。

[インタビューで出た課題]

・学校で先生の話や友達の話が通じない。・敬語や方言が分からない。・漢字が読めない。・中国語で書かれているものが少ない。・米沢に住んでいる外国人は雪が多くて困っている。・アパート探しが大変。外国人は断られる。・システムが複雑で、説明も日本語だけなので、バスや電車の乗り方が難しい。・飲食店のメニューに写真や英語表記がないので、選ぶのが難しい。・アレルギーがある人が、食べられるか確認するのが難しい。・キャッシュレスが進んでいないため、現金で支払いをしなくてはならない。・買い物の時、店員の対応が冷たい。・宗教や文化の違いがある。・日本社会の上下関係や友達作りが難しい。・災害時の緊急連絡に使われる日本語が難しい。・災害時のアラームなどは、英語または他の言語の表示がない。 ・災害時の避難場所が分からない。

 [課題を1つ選び、解決策を考える。]

≪言語について≫

・積極的に英語を話す。・困っている外国人を見つけたら、声をかける。・やさしい日本語を使う。・英語と簡単な日本語のパンフレットを作る。・ひらがなとカタカナで書く。・在住外国人向けのサイトを作る。ウェブサイトは英語表示にする。・英語と写真が入ったメニューを作成する。・標識には振り仮名を付け、英語も表記する。

≪人間関係・日本人の受け入れ方について≫

・留学生にはやさしい日本語で話す。・ワークショップなどを通して、外国文化に触れる機会を増やす。・外国人と交流できる場を作る。・外国人に対する偏見をなくす。・外国人には笑顔で、ジェスチャーを交えながら、やさしい日本語、標準語を使って対応する。

≪災害時の伝達について≫

・多言語対応のアプリを作る。・災害時のために、ハザードマップを多言語で作る。・避難ルート、避難場所の地図を作成する。・外国人ともお互いに助け合う。

普段の生活で当たり前だと気に留めていないことが、外国の方にとってはすごく困ることだった、ということに気付いた。改めて、意識を持って生活しなければいけないと思った。

米沢に住む在住外国人には、言語や人間関係などたくさんの課題があることが分かった。

同じ学校にいる留学生にも声をかけて、少しでも安心してもらえるようにしなければいけないと思った。

国に対していろいろな偏見があったとしても、人に対しても同じように偏見をもってはいけないと思った。同じ学校でも様々な人種の人たちがいるので、特別な目で見ないようにすることが大切。

外国の方からの話を聞いて、困ることの中心は、日本語が分からないことから来るものだった。

日本語があまり分からない外国人には、やさしい日本語を使って、丁寧に話したい。

緊急時の連絡が日本語しかないと知り、危機感を持った。

パニック状態の災害時にいきなり外国人とコミュニケーションを取って避難するのは難しいので、普段の生活の中で、留学生、英語の先生などの外国人と会話をしておくことが、災害時に外国人を助けるための事前準備だと思った。

生徒の振り返り

アーカイブ

PAGE TOP