学園案内:九里の歴史

学校案内
ホーム > 学園案内 > 九里の歴史

九里の歴史

九里の歴史1 九里の歴史2 九里の歴史3
                 
1899 (明治32年) 九里とみ先生、裁縫を習いに来る生徒を教え始める。
1922 (大正11年) 九里裁縫女学校師範科(教員養成課程)を開設。
1935 (昭和10年) 九里学園設定、学園理事長は九里とみ先生。新校舎(現在の正面木造校舎)完成。
1943 (昭和18年) 九里とみ校長、教育者最高の勲章の藍綬褒章を受章。
1948 (昭和23年) 学制改革により米沢女子高等学校となる。2代目校長に蒲生豊松先生就任。
1972 (昭和47年) 全国私学校長・理事長研修会会場となり「私学助成法」制定の実現につながる決議がおこなわれた。
1990 (平成2年) 九里茂三校長が学園長に、加藤和夫先生が5代目校長に就任。
1992 (平成4年) 加藤和夫校長退職、九里廣志現校長が就任。インターハイ100mハードルで土屋恵選手が高校新記録で優勝する。
1997 (平成9年) 国民体育大会で原田真理子選手が走り幅跳びで優勝
1998 (平成10年) インターハイで原田真理子選手が百mハードル優勝
1999 (平成11年) 現在の校舎が完成、男子生徒が入学スタートし九里茂三先生が勲三等瑞宝章を受章。「九里学園高等学校」に改名。
2001 (平成13年) 創立100周年記念の諸行事を挙行。
2003 (平成15年) 九里茂三先生がペスタロッチ賞を受賞。
2005 (平成17年) コース制(プログレス・コースとユニバーサル・コース)スタート。
2010 (平成22年) 国民体育大会で江口悠貴選手が少年男子B110mハードルで優勝する。
2012 (平成24年) インターハイで江口悠貴選手が110mハードルで優勝する。
2013 (平成25年) 山木伝説選手が陸上の世界ユース日本代表に選ばれ400mとメドレーリレーに出場。
メドレーリレーでは3位に入り、銅メダルを獲得。
2014 (平成26年) 植木真理さんが東北初の北リジョン賞を受賞。
2015 (平成27年) 文部科学省よりスーパーグローバルハイスクールアソシエイト校として指定を受ける。
2016 (平成28年) 陸上競技部、40年連続でインターハイ出場の快挙を成し遂げる。

Access 5,370,163pv (2009.02.08〜) Today 529pv Yesterday 1,320pv Contents 1,544pages