ハワイ研修旅行 2年プログレス・コース

2年プログレス・コース 担任 松岡大地
プログレスコースはハワイ研修に行ってきました。持続可能社会を体験的に学ぶため様々なフィールドワークを行ってきました。
1日目は真珠湾攻撃の舞台となったパールハーバーを訪問し、平和学習を行いました。墜落した日本人パイロットを敵兵にも関わらず、アメリカ兵は敬意を持って追悼したという出来事を学習し、戦争に対する価値観の違いを学びました。その後トヨタ自動車を訪問し、水素を使って動く自動車について学習しました。燃料電池を使った自動車、実際に模型を使った実験や試乗など体験的に学ぶことができました。
2日目は現地の高校に訪問し、米沢文化の紹介・現地の授業体験を行いました。準備してきた英語での米沢紹介は大変好評で、大きな盛り上がりを見せました。その後、チャイナタウンを散策しました。実際に行ってみると、その地域はアメリカのそれとは異なり、独特な雰囲気を感じました。チャイナタウンの後はハワイの人口・貧困問題の対策を行っている団体を訪問し、講演を聴きました。質疑応答では活発な質疑応答が行われ、特に貧困問題に対する考察を深めました。雪の降らないハワイではホームレスの増加が社会問題となっています。豪雪地域である米沢ではあまり見られないホームレスを考えることを通して、ハワイの問題を自分事として考えるきっかけとなりました。
3日目はハワイ大学に訪問し、アフプアアについて学びました。水を富とするハワイでは、水を持続的に使用するシステムを構築してます。現地のガイドの方と水を効率的に使用したタロイモ水田を見学し、持続可能な社会の一端を学ぶことができました。その後、日本文化センターを訪問しました。ここではハワイに住む日系人の歴史を学びました。ガイドの方からの丁寧な説明の間生徒からは多くの質問がなされました。日本人としてアイデンティティを再認識した生徒が多く、本研修で最も印象に残ったという生徒が多かった見学地でもありました。
4日目はハワイ文化であるフラダンスの踊り、レイ(頭・首・肩にかける装飾品)の作成方法を学びました。その後はハワイの伝統食と肥満、そして学校給食を通した食育についてそれぞれ学びました。本研修ではここでは書ききれないほど多くの学びがありました。ただの旅行・観光では学ぶことできない多くの学びが今後生徒の成長を後押ししてくれると確信しております。

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL

NEWS & TOPICS

アーカイブ

PAGE TOP